MENU

お金を借りる際には返す時のことを考えてから行うのがコツ

借入をする際、まともな返済計画を立てていなかったりすると、借金の支払いというのは非常に難しいものになってしまいます。
基本的に支払いをする際には、借りる時の事よりも返す際の事まで考えたうえで利用するのが好ましいのですが、中にはそうしたことを忘れて、しっかりとした計画を立てずに借入を重ねてしまう方もいるようです。

 

 

例えば、借金返済には必ず利子というものが発生します。
借りた金額+利子というのが、返すお金の総額になるわけですが、この利子というのは借り入れる金額にもよりますが、法律によって年20%までと定められています。
この利子分を返済計画に入れずに計画を立ててしまうと、場合によっては利子で支払い額がどんどんふくらみ続けるという事になりかねません。

 

基本的にお金を借りる際には、利子分をしっかりと計画の中に加えて、最終的にどれぐらいの金額になるのかを把握しておきましょう。
その上で、自身の収入から毎月どれぐらいを返済に充てる事が出来るのか、またその額が元本を減らせる額となっているのかなどを考慮して、借金をするのです。

 

お金を借りること自体は悪いシステムではなく、しっかりと計画をもって利用する事が出来ればとても便利なものでもあります。
残念ながらそのシステムを使いこなせていない人も多く、そういった人の結果は借金のイメージを低下させてしまいます。
そうならないためにも、借入をする際には返済を考えて利用することが大切なのです。

 

多くの負債を抱える原因と対策とは

借金をする理由は人それぞれですが、金額が多くなると返済が追いつかなくなるために注意が必要です。
人間はお金がなければ生活ができないためお金を稼ぐことに全力を注ぐもので、お金があれば様々なことを自由に楽しめるためにお金の状況によって考え方が大きく変化するものです。

 

 

借金をする理由はお金を簡単に借りれる事を知って気が緩むことが多く、返済を忘れるようになる事が習慣になって起きることが多いです。
お金を簡単に借りれる方法は金銭感覚を麻痺する事につながりやすく、キャッシングやローンをする時には仕組みを正しく把握して今後の金銭計画を考える必要があります。
借金の金額が多くなれば返済することを後回しに考えることや収入の金額が支払い額に追いつかなくなるため利息の金額が膨れ上がることが多く、金額が高くなり返済放棄をする傾向が強く注意が必要です。

 

多くの負債がある事は今後の人生に悪影響を与えるため、債務整理や自己破産などをして対処することが大事です。
多くの借金を抱える原因は、自分自身の金銭管理が甘いことや金銭感覚の麻痺が原因で起きることが多いものです。
金額が多くなりすぎた場合には弁護士に相談してから今後の人生を見直すきっかけを作る必要があります。

 

借金返済のコツは娯楽に使うお金を減らすこと

頑張ってお金を返しているけど、なかなか上手い具合にいかない、金額が減っていかないというようなときには、支払い計画を見直したほうが良いでしょう。
借金返済をするにあたって、実は重要なのは、必要最低限以外のお金です。
生活に必要な最低限の費用以外にも使っているお金があると思います。
借金の返済が終わるまでは、そういったものへの支出をやめる、または大分減らすというのは、有効なコツなので考えてみると良いと思います。

 

娯楽にお金を使うというのは、生きていくうえで必要なものではありません。
もちろん、あっても良いものですが、それを我慢して借金が減るならば1つの方法だと思います。
一切使うのを止めるべきという話ではなく、金額を少しでも減らしていければ、良いのではないか?という事です。
一切娯楽にお金を使わないというのは、日々の生きがいがなくなるようなものなので、借金返済のモチベーションとともに、生きていくモチベーションが失われる可能性があります。

 

だから、今まで使ってきた娯楽の費用のうち、計画的に何割かを支払いに回すというのでも良いと思うので、できる範囲で検討してみましょう。
現実的に借入残高がなかなか減らない場合には、生活費の方を切り詰めるのは厳しいものです。
それ以外のなくても困らない部分の費用を削っていくのが、借金返済計画を実現するための1番のコツになると思います。
一度、真剣に考えてみましょう。

 

 

借金返済を軽減していくコツ

急にお金が必要になった時、便利なサービスと言えばキャッシングです。
キャッシングを利用しているうちに、この借金返済のため、複数の消費者金融から借り入れするようになり、毎月の支払い額が大きくなってしまったため、支払いが困難になってしまったという話をよく耳にします。
しかし、だからといって、返済を滞らせてしまうわけにはいきません。
借金の延滞利息がどんどん膨らんでいってしまいます。
このような時は、どのような解決策やコツがあるのでしょうか。

 

 

解決策の1つに、借金を1本化する「おまとめローン」という手があります。
最近よく聞くワードです。
借金を完済できるように配慮されたローンを指します。
消費者金融や銀行系カードローンで、たいてい取り扱っています。
複数の借り入れを、1本にすることで、月1回の返済日となるため口座の管理がとても楽になり、生活にも余裕が生まれます。

 

また、借金を1つにまとめることで、場合によっては、今までの返済金額よりも軽減される場合もあるのです。
手続きが面倒そうということでしたら、来店不要のネットバンクがあります。
いちばんポピュラーなのは、「東京スター銀行」です。
融資額が、最大で1,000万円、年率が、5,8%〜です。
この年率には、保証料年率1,2%を含んでいます。

 

申し込み方法は、インターネットを利用し、フォームから必要事項を入力して送信するだけ。
のちに仮審査の結果がメールにて届きます。
契約書類、必要書類を記入して郵送すれば、あとは本人確認の電話待ちとなります。
毎月の借金返済に悩んでいるなら、試してみる価値はありそうです。
おまとめローンで一本化できたら、あとはコツコツ返していくだけです。

 

借金の返済において給料を差し押さえられることもある

お金を借りていても、計画的に返していれば特に問題はありません。
しかし、それがなかなか行われないと、最終的には、借金返済の代わりに、債務者の給料の差し押さえという手段を講じられる可能性があります。
これは給料の全額を持って行かれるわけではありません。
本人の生活が最優先なので、それに支障がない範囲で差し押さえは行われます。

 

金額はどうやって決まるか?というと、具体的には毎月の給料が44万円を越えるか?どうかで差し押さえられる金額が決まります。
これは、借金の額に関係なく決まっています。
給料が44万円以下であれば、給料のうちの4分の1までを差し押さえできます。
つまり、40万円であれば10万円までは可能だということです。

 

 

そして、44万円を越えていれば、借金返済分として、33万円を超えた分だけ差し押さえができます。
だから、給料が50万円であれば、17万円分だけは差し押さえができるのです。
借金の返済代わりに差し押さえをされると、それだけ毎月使えるお金が減ってしまいます。
仮に生活に困らなくても、それだけ余裕がなくなりますから、やはり差し押さえは避けたいものです。

 

ちゃんと一定金額を少しずつ借金を返していけば、こういった差し押さえをされることもありません。
借入自体も計画的に行う必要もありますが、返済計画もきちんとを立てて、返していくようにするのがコツです。

 

すでに借金を滞納している状態なら・・

借金返済に困っている人は、無料弁護士相談の利用をオススメします。
本当はもう無理なのに、何とか返そうと頑張ってみても、無理なものは無理です。
当座の返済金を、親兄弟や親戚・知人に工面して貰っても、何も解決にはなりません。
周囲の人間を巻き込んで、人間関係を壊してしまうよりも、弁護士に相談して根本的に借金問題を解決しましょう。

 

 

クレジットカードの使いすぎ。
キャッシングの使いすぎ。
失業して借金を返済できない。
給料が下がって、いままで通りの金額は無理。
人の借金の保証を請求された。
住宅ローンを返せないが、住宅は手放したくない。

 

・・・これらの状況であれば、借金整理で問題なく解決できるでしょう。

 

 

ひとそれぞれ事情はありますが、まずは無料相談を利用して弁護士に事情を話してみる事です。
借入や返済の額、収入などを考慮し、どういった方法で借金を解決するのか、プロの弁護士なら最適な方法を提案してくれますよ。

 

いきなり相談するのは勇気が必要ですが、ネットの無料シミュレーターを利用すれば簡単です。
名前、住所も不要で、匿名かつ無料で利用できて、希望すれば弁護士も紹介してくれます。

 

 


>>無料シミュレーターに移動<<